ぷんおの重箱隅つつき

映画やドラマから垣間見る生活文化の考察

肩ごしの恋人|あらすじ感想【韓国映画】日韓合作

肩ごしの恋人 [レンタル落ち]

題名:「肩ごしの恋人」(어깨너머의 연인)
公開日:2007年10月18日(韓国)2007年11月23日(日本)
監督:イ・オンヒ
原作:唯川恵
キャスト:イ・ミヨン、イ・テラン他

【あらすじ】
32歳のシングル、ジョンワン(イ・ミヨン)は最近名を知られるようになった写真作家。恋愛に対する幻想もなく、結婚への考えがなくても恋愛感情を感じることのできる・・・そんな男性がいるだけでいいと願っている。年を重ね、理由もなく不調を感じたり肌荒れがしたりするのは男性のせいであると結論付けるジョンワンは、健康のため(?)に恋愛の対象を物色しはじめる。一方10年以上の親友ヒス(イ・テラン)は、20代なんて目ではないセクシーな女性。誰よりも華やかでドラマティックな恋愛経験を持つ彼女は、お金と時間をくれる男性と結婚。しかし、誰にももてなさそうな夫の浮気が発覚する。一方ジョンワンは妻のいる男性と不倫に走り・・・。
[引用元:WoW! korea

【感想】
原作の雰囲気に憧れる気持ちの先走りで肝心の30代で生き方の分岐点をみいだす女性を描ききれていない。ちなみにこの作品の制作はサイダス。最先端感狙って失敗した感じです。

同年2007年日本で米倉涼子高岡早紀でドラマ化したものは肩ごしの恋人|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネルかなり濃い設定をサラリと上手く描いていたのですが、この韓国作品は不倫とセックスシーン以外はよくある話。中心となって描かれていたのがヒス(高岡に該当)の不満に満ちた家庭。金はあるが冴えない旦那が若い女とまさかの不倫。他の女が用済みにした男はいらないと離婚を決め、ジョンワン(米倉に該当)の家に転がり込む。自分と違う世界のジョンワンの価値観に否定や嫉妬、そのことにより自分なりの愛と生き方を学んでいく。結局ヒスは旦那とヨリを戻し、それが自分なりの生き方と核心。ジョンワンは男に頼らず自立の道。といった内容。

特記すべき点とすれば不倫とセックスシーンが多いこと。(お洒落感満載の前戯的な感じ)特にセックスに関する描きがジョンワンの職業が写真家ということもありそのイメージを際立たせるためか、飾らない黒ブラ黒パン黒キャミとかそんな感。シャレオツ感あふれる長っがい前戯からのシンプルセックス(描写なし)。終わった後はメモ残して男置いてけぼりみたいな感じでドライ。悪い意味で女性監督が描くセックスだなって感じです。

日本版では萌(米倉)が年下の18歳の男と寝て妊娠。本人に告げず産みひとりで育てる決心。そこに今までフワフワ生きていたるり子が(彼女も男ではない『ゲイ』に恋することで学んだ)離婚をし萌を支えるために働き始める。親友2人で産まれる子どもを育て勤しむ面白いラスト。

韓国版はこの年下的な男(22歳)も出てきます。設定はバー勤務。メキシコに養子に出されて韓国のママに会いに来た(既に死亡)墓参りした後、1回寝て彼は国に帰っていった。その子によってなにか学んだのか?とかはどうでもいいので知りたくもない。最後にあんぐりしたのがヒスとジョンワンは仁川空港で今後の決意し別れるのですが「憧れの歌手で写真家の福山雅治に会いに行く」的なセリフを残して旅立つ。???今は亡きサイダス(私の頭の中の消しゴムの制作のチャ氏が社長さんだった会社)はこの当時、日韓合作を何本も飛ばしたりと日本と関わりが強かったといえどもこれは酷い。。。もう一つ!また養子設定です(笑)

【評価】
時間の無駄。
レンタル落ちDVD購入鑑賞です。
ドラマは今見ても斬新な設定なので結構オススメです。高岡早紀の小悪魔感やマッチョなゲイの池内博之。18歳の崇役の佐野和真もシーツ越しの後ろ姿で短時間ですが18歳らしいアグレッシブなセックスですwww