ぷんおの重箱隅つつき

映画やドラマから垣間見る生活文化の考察

太陽の下で -真実の北朝鮮-|ネタバレ あらすじ感想【ロシア映画】ドキュメンタリー

太陽の下で -真実の北朝鮮-(字幕版)
題名:「太陽の下で -真実の北朝鮮-」
公開日:2017年1月21日(日本)※2015年制作
監督: ヴィタリー・マンスキー

【あらすじ】
北朝鮮政府によって演出された「庶民の日常生活」の裏側を暴き、当局による検閲を受ける前にフィルムを外部へ持ち出すなど、さまざまな危険を冒して完成したドキュメンタリー。模範労働者の両親とともに平壌で暮らす8才のジンミ一家を通し、ロシアの撮影スタッフが庶民の日常を切り取るドキュメンタリー撮影のはずが、北朝鮮側の監督のOKが出るまで一家は繰り返し演技を強いられた。高級な住まい、親の職業、クラスメイトとジンミの会話、そのすべてが理想の家族のイメージを作り上げるために北朝鮮政府が仕組んだシナリオだったのだ。スタッフは、「真実を暴く」ことに撮影の目的を切りかえ、カメラの録画スイッチを入れたまま、隠し撮りを敢行する。北朝鮮からの要請で、ロシア政府はモスクワ・ドキュメンタリー映画祭の会長を務めるビタリー・マンスキー監督への非難声明と上映禁止を発表。しかし、韓国、アメリカ、ドイツなど20都市以上で上映された。

[引用元:太陽の下で 真実の北朝鮮 : 作品情報 - 映画.com

【感想】
僅かなニュース映像や観光に訪れた外国人に対しても、国家一丸となって全力仕込みを入れてくる北朝鮮。そうやすやすと素の日常を映させてくれるわけがない。それをこのロシアの制作陣達は途中まで気づかなかったなんて。。。まさに「恐(おそ)ロシア」です。
そこそこ半島の知識のある日本人にとっては全てが想定内の内容かと思います。
オチはこの女の子に将来の展望を訊ねると「・・・。」と首を傾げてしまい瞳を潤ませる。その後壊れたおもちゃのように「敬愛なる将軍様は・・・」と将軍様賛美の文言を諳んじるといった具合。

ここから設定等箇条書き。
・ジンミ:小学生。清潔整頓された学校で反日反米&歴代将軍様賛美を仕込まれてる。おしゃれさん。お友達もみんなおしゃれさん(仕込みなんで似たような髪飾り等で微妙にジンミだけ格上。寒さを防ぐ上着はピンクや赤のダウン的中綿コート。可愛い文房具や素敵なリュック等みんな持っている)舞踊好き。少年団で赤いスカーフゲットでエリート街道まっしぐら。※下記画像のお花、金正日花?日成花?ベコニア系の赤い花を大事に育てている。

f:id:punwo:20210205191809p:plain
・ジンミ父:お国自慢の繊維工場勤務(最初は記者の予定だったが変更される)職場のオバサマ方にジンミの少年団入団を割れんばかりの拍手と笑顔でお祝いされ花束贈呈。工場のミシンがけの成績の良い年長のオバサマの功労にも拍手(年長者を敬う儒教思想)。成績は棒グラフで表記。ゴージャスな個室にはヨーロピアンファンシー的なティッシュケース?のような北朝鮮製作品がこれ見よがしに置かれている。自国の縫製威力アピール。さりげなくこれ見よがしに。オバサマ達は笑顔や拍手の演出を北スタッフから指導。

ちなみに「これ見よがしに」は、北朝鮮のアイドル的「モランボン楽団」ちゃんの名曲のタイトルです。

・ジンミ母:豆乳工場勤務。とにかく真面目に働く。豆乳は最高健康食品と工場で働く人々で棒セリフで大アピールしていましたが、2020/11/12のニュースでは豆乳恵んでもらってます。

・ジンミの家:高層アパート。高そうな刺繍カーテン&木製カーテンポール(ニトリ的じゃない)ソファに不自然に置かれたクマのぬいぐるみ。ショールームのような生活感のなさ。これだけ立派なのにテーブルがまさかのこんな感じの昭和的折りたたみテーブル。

f:id:punwo:20210205201750j:plain
その上にはたくさんの料理。ジンミはリラックス感を醸し出すために足を伸ばして座っているが背筋がピーンで不自然。その姿勢でキムチを食べながら、棒セリフでキムチはビタミンが豊富!200g食べれば1日のビタミンの半分摂れる!みたいなことを何度も言わされる。
・街の様子:万寿台大記念碑はじめ建物高層建物アピ、特大壁画、自慢の地下鉄構内、整然とエスカレーターに乗る人民。律動体操

〜という具合。
よくある北朝鮮独特の感情をあらわにする演技ではなく、みなさん「理想の日常」を演じきっているのだが、終盤に差し掛かると居眠りしている様子や、アドリブを要求され戸惑っている様子など露呈されていく。
ラスト。下記画像のような献花シーン(金日成氏の法事式典?)があるのだが、行事終了後、速攻スタッフがこの供えられた花をバッサバッサとバケツに放り込み片付けていく事務的なシーンでおしまい。・・・お花、勿体ない!温室栽培って燃料代かかるし。


[関連記事]
翻訳で珍味と出てくるのはジンミちゃんのことです。

【評価】
アマプラ見放題に入っていたので観ました。今はレンタルになっているようです。お使いの配信会社で無料であれば時間も短いので暇つぶしにはいいと思います。北朝鮮ウォッチ歴初心者の方は驚く内容かもしれません。
北朝鮮から核や金ファミリーがなくなったらこの人々の心の拠り所はどこになるのかと漠然と思いました。南北統一も良いかもしれませんが、ドイツ統一後の東西の暮らしも予想通り下記のような感じ。

https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00023/111900112/

こういった心理の隙間を虎視眈々と布教の機会を狙っているのでしょうか?宗教の話はページを改めたいと思います。