ぷんおの重箱隅つつき

映画やドラマから垣間見る生活文化の考察

ボヘミアン・ラプソディ|あらすじ感想【アメリカ映画】スタジアム・ロックよ!もう一度

ボヘミアン・ラプソディ (字幕版)

 題名:「ボヘミアン・ラプソディ
公開日:2018年11月9日(日本)
監督:ブライアン・シンガー
脚本: アンソニー・マクカーテン
キャスト: ラミ・マレックフレディ・マーキュリー)、グウィリム・リー(ブライアン・メイ)、ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー)、ジョゼフ・マゼロ(ジョン・ディーコン)、エイダン・ギレン(ジョン・リード)、アレン・リーチ(ポール・プレンター)他

【あらすじ】
世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。クイーンの現メンバーであるブライアン・メイロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。フレディ役で「ナイト ミュージアム」のラミ・マレックが熱演。監督は「X-MEN」シリーズで知られるブライアン・シンガーがクレジットされているが、製作途中で降板しており、「サンシャイン 歌声が響く街」「イーグル・ジャンプ」のデクスター・フレッチャーが残りの撮影とポストプロダクションで監督を務めて完成させた。そうした製作トラブルも伝わるなかで公開されたものの、世界中で観客に受け入れられ、日本でも2018年公開映画でトップとなる興行収入130億円を突破。社会現象とも呼べる大ヒットとなった。第76回ゴールデングローブ賞では最優秀作品賞(ドラマ部門)、最優秀男優賞(ドラマ部門)を受賞。第91回アカデミー賞でも作品賞を含む5部門にノミネートされ、主演男優賞ほか4部門を受賞した。
[引用元:ボヘミアン・ラプソディ : 作品情報 - 映画.com
より詳しいストーリーが記載されています。

【感想】
QUEEN」を語るなんておこがましいのですがレビュー書きたいと思います。
リリース曲は大体は知っているのですが、ひとつひとつの曲が作られるのにあんな背景があったのだなぁと(伝記的な意味合いが強いので当たり前ですが)浅知識の私はただただ感動。

マイノリティであるフレディの件について。スターってなにかしら心の内に抱えるものがあり、みんな孤独なのでは?とちょっと意地悪なことを書いてみますが、劇中でビレッジピープルの名前(前半)が出てきたり「ライヴエイド」の舞台袖で「あいつ(デヴィッド・ボウイ)はゲイだ。」とのセリフがあったり・・・。カミングアウトしている人もいるけれど、それはごく僅かで伏せている人が圧倒的。難しい問題です。・・・と、この件については深入りしません。

今回、声を大にして言いたいこと!
この作品観たのは今回で2回目なのですが、1回目は上映直後。そしてこのブログを書いている2021年は誰も予想だにしていなかった疫病、コロナ禍中真っ最中。・・・状況が全く違うのです。

QUEENといえば、後期は大規模な「スタジアム・ロック」。劇中の「ライヴエイド」のシーン。スタジアム一杯の観衆と声援・・・。世界中のコンサート全てステージと観客が一体となるあの喜びは、また体験できるのか?それともあの喜びは伝説と化すのか?

こうして日にちが経つに連れコンサートの体感が薄れてきて、配信で映画やライブを観ることに慣れてしまった自分。しかし「これじゃいけない」とは全く思わない。その時が来れば選択すればいいだけであり、それまでは今あるものの喜びを感じていこうと思います。

【評価】
★★★★★
当たり前だったライブが当たり前じゃないということを痛感。これも時代の移り変わりの淘汰事項なのかな。。。?

ボヘミアン・ラプソディ (字幕版)

ボヘミアン・ラプソディ (字幕版)

  • 発売日: 2019/04/17
  • メディア: Prime Video