ぷんおの重箱隅つつき

映画やドラマから垣間見る生活文化の考察

二ツ星の料理人|あらすじ感想【アメリカ映画】「グランメゾン東京」がパクリ疑惑

二ツ星の料理人(字幕版)

題名:「二つ星の料理人」
公開日:2015年10月30日(米国)
監督: ジョン・ウェルズ
脚本: スティーヴン・ナイト
キャスト: ブラッドリー・クーパーシエナ・ミラー

【あらすじ】
アダム・ジョーンズ(ブラッドリー・クーパー)がロンドンに帰ってくる。天才肌の料理人である彼は、パリのレストランに務めていた頃、トラブルを起こしてばかりいた。しかし、現在は麻薬と酒を止めて、世界一のレストランを作るという夢を胸に抱いている。

アダムはトニー(ダニエル・ブリュール)のホテルを訪ねて、レストランを自分に任せてほしいと頼むが、アダムの悪行の数々を知るトニーは首を縦に振ろうとしない。後日、料理評論家のシモーネ(ユマ・サーマン)がレストランに来る。アダムは厨房に入ることを許可されて、その料理でシモーネの舌を満足させる。ロッシルド医師(エマ・トンプソン)のカウンセリングを定期的に受けるという条件の下、トニーはアダムにレストランを任せる。

アダムは、ミシュランの三ツ星を獲得するという目標に向けて、腕利きの料理人たちを集める。一人娘をもつシングル・マザーのエレーヌ(シエナ・ミラー)、パリで同僚だったミシェル(オマール・シー)、刑務所から出所したばかりのマックス(リッカルド・スカマルチョ)、新人のデヴィッド(サム・キーリー)が仲間に加わる。

アダムは、エレーヌと共に、リース(マシュー・リス)のレストランの開店パーティーに足を運ぶ。そこには、アダムの師匠の娘であるアンヌ・マリー(アリシア・ヴィキャンデル)の姿があった。アンヌ・マリーは、恋人だったアダムが3年前に行方をくらませたことも、アダムが彼女の父親の葬儀に出席しなかったことも、今は許しているという。その夜、アダムは魚市場を歩きながら、自らの人生を振り返る。帰り道で、アダムとエレーヌはキスを交わす。

麻薬の売人が、借金を返済していないアダムの前に現れて、彼に暴行を加える。アダムは傷だらけの姿でレストランに出勤する。トニーやエレーヌが彼を病院に連れて行こうかと心配する中、レストランにミシュランの調査員が来たらしい、と厨房へ連絡が入る。アダムたちは全力で調理に取りかかるが、料理が厨房に突き返される。その料理のソースにはミシェルが大量の唐辛子を入れていた。ミシェルは、パリで独立を果たした後、アダムがレストランにネズミを放ったせいで閉店に追い込まれた恨みを忘れていなかったのである。復讐を果たしたミシェルは、レストランを去っていく。

絶望した顔つきのアダムはウォータールー橋へ向かう。彼は、橋の欄干から身を乗り出し、料理のアイディアが記されたスケッチ帳を投げ捨てる。その後、リースのレストランを訪れたアダムは、大声を出して暴れるが、リースは静かに彼を受け入れる。翌朝、アダムは、リースがアダムの料理を認めているのだと聞かされる。2人のあいだにあった長年のわだかまりが消えていく。

アダムは、レストランに戻る道すがら、アダムの借金を全て肩代わりしたばかりのアンヌ・マリーと出くわす。彼女は、父親の形見のナイフをアダムに手渡し、アダムのもとを立ち去る。トニーとエレーヌがアダムの部屋を訪ねてくる。トニーは、レストランに来ていたのはミシュランの調査員ではなく、ただのビジネスマンだった、とアダムに告げる。三ツ星を獲得する夢が消えていないと知って、興奮したアダムはトニーにキスする。アダムに惹かれているトニーは、平静を装いながら、アダムとエレーヌを部屋に残し、その場をあとにする。

アダムは、かつての仕事ぶりとは打って変わって、他の料理人と協力して調理に取り組んでいる。休憩時間には、仲間たちと談笑しながら食卓を囲む彼の姿が見えるのであった。
[引用元:二ツ星の料理人 - Wikipedia

【感想】
前情報、一切ナシで観たのですが、途中で2019年放送の日本ドラマ「グラン★メゾン東京」に酷似してることに気づき即ネット検索。当時そういった噂はやはりあり。ドラマの放送の翌年が『東京オリンピック』の予定だったので、木村拓哉が演じる主役の孤高のシェフが、フレンチ料理の店を持つことを夢見る倫子(鈴木京香)と出会うことで挫折から這い上がり、仲間の大切さに気づき打ち解け、みんなでミシュランの星取に向かっていく(『復興五輪』のメタファーかと思われ)受賞後は倫子(鈴木京香)と他の国でグランメゾン東京の味を広めようと2人で新たな夢に向かって歩む。(映画での2人が結ばれるラストとある意味同じ)

グランメゾンを視聴した方であれば、上記のあらすじを斜め読みしただけで「似てる」と思うでしょう。

映画の上映は2015年とドラマと2年しか開きがないし、興行収入が3660万ドルと振るわぬ認知度の低い映画のオマージュというのも不自然だし、リメイクであればその旨クレジットが必要ではなかろうか?

経緯はわからないが「丸パクリ」と思われても仕方がない。

脚本の黒岩勉 - Wikipedia氏は多くの作品を残していますが、漫画や小説がかなり多いという事実もありますが、それはそれこれはこれです。

【評価】
映画の主人公のジョーンズの挫折の設定は、薬物とアルコールでの失敗からの挫折。カウンセリング通い。店や厨房でも他人の意見を一切聞かずワンマンな振る舞いで孤立。すぐキレ暴れる。借金があり過激な取り立てにあってるなど、かなりヘビーな背景。それを正しながらスーシェフとしてサポートするエレーヌ。最初は彼をよく思っていなかった厨房のみんなもジョーンズの変化で軟化していくという感じ。ブラッドリー・クーパーがワイルドで格好よかったです。グランメゾンを知らなければヒューマン作品として面白い。厨房のピリピリした緊張感も見もの。

二ツ星の料理人(字幕版)

二ツ星の料理人(字幕版)

  • 発売日: 2016/10/19
  • メディア: Prime Video
 

 ドラマもドラマで面白かったです。主要キャストのみなさんが全員個性的で演技もいいので、それにて映画との違いを醸し出している感ですが、脚本は丸パクです。

グランメゾン東京 DVD-BOX

グランメゾン東京 DVD-BOX

  • 発売日: 2020/04/24
  • メディア: DVD