ぷんおの重箱隅つつき

映画やドラマから垣間見る生活文化の考察。韓国ネタ多め。

ミスターグッドバイ|あらすじ・感想【韓国ドラマ】ネタバレ

f:id:punwo:20210617223919j:plain

【放送】
2006年5月22日〜7月18日(KBS)全16話
原題は「미스터 굿바이」
脚本:ソ・スクヒャン(代表作「パスタ」)
裏番組の「朱蒙」に惨敗。

【キャスト】
●ユン・ヒョンソ(アン・ジェウク
頭脳明瞭&イケメン。潔癖症。仕事人間。英国ネームはデビット。
幼い頃に米国へ養子に出されたため愛に対し不信感があり、母国韓国も嫌い。
ラスベガスのニッコウホテルの買収で力を発揮し、チーフからシーザーホテルの副社長と登りつめる。
大学時代は、遊ぶ暇なく寝る間も惜しんで勉学とバイトに明け暮れ、自分で学費や生活費を捻出していた苦労人。
一番高かったバイト代は精子提供(1回約30万円)。それが親友スジンの子供ユンの種となる。
貧乏の反動で金に執着があり、金さえあれば何でもできると思っている反面、それに群がる人々を軽蔑している。
弟のロニーとは血の繋がらない兄弟(ロニーも養子)

●チェ・ヨンイン(イ・ボヨン)
エステティシャン。後にホテルコンシェルジュ。一旦退職を決意し花屋で働くが復職。
家族は母と弟。一家の生活を担っている。
ひとりでご飯を食べるのが嫌い。植物好き。
浮気で母と離婚した父は同じ職場でマンションも隣部屋。
気を紛らわすため掛け算をしがち。
客の気持ちは読めるが、肝心のヒョンソの心情には全く鈍感。
明るく世話好きだが超ガサツで自分の正論ぶつけてくるタイプ。
あだ名:落下傘(낙하산〜コネ入社)、無鉄砲(ポクチャ 복자〜福女?)

●カン・スジン(オ・ユナ)
心臓外科医。
ヒョンソの大学時代の親友かつマドンナ。その時は婚約中であったが、ヒョンソに想いを寄せていた模様(身分の差で叶わぬ恋感)
シングルママ。息子のユンは精子バンクからヒョンソのものを選んで勝手に出産。
ヒョンソと再会し、家族として暮らしたいという思いがつのり同居を持ちかける。
息子のユンは仕草やルックス性格がヒョンソにそっくり。ユンは後にヒョンソから本当のパパだけど死んじゃうんだと告げられる。

●カイル(チョ・ドンヒョク)
ニッコウホテル、その後エンパイアホテルのコンシェルジュチーフ。
イケメン。日本語堪能。お客様第一主義。
ラスベガスで出会ったヨンインに恋心。
父はニッコウホテル会長のヤマザキサトシ。母は韓国人。
ホテルの大株主なので内情に詳しくヒョンソの動きも熟知。
自殺した父の残した「よそのホテルで自分の力でやってみろ」との言葉にエンパイヤホテルへの異動を決める。

【あらすじ】
 マラソン大会で優勝し、ラスベガス行きの旅行券をゲットしたヨンイン(イ・ボヨン)。一緒に行くはずだった彼氏が出発当日、親友と浮気。ひとりで泣きながら飛行機に乗り込むハメになる。
トランジット空港のロビーでロニーと知り合う。彼は婚約者(男性)と同乗。兄に結婚を認めてもらうためにラスベガスへ行くところ。ゲイカップルの2人に戸惑うが偏見なく接するヨンイン。すっかり3人は仲良くなる。
ロニーの兄はヒョンソ(アン・ジェウク)。弟の婚約者をヨンインと勘違いしてしまい、ヨンインは話を合わせざるを得ず、3人と行動を共にする。
同性といえども愛し合う弟の気持ちを理解してやらず「愛なんてくだらない」と言い放ち、物事を金で解決しようとする考えのヒョソンの態度にブチ切れつつも弟カップルの幸せを願うように諭すが聞き入れてはもらえない。
ヒョンソは上司から韓国のエンパイアホテルに半年間の異動を命じられるが、(母国が嫌いなので)拒む。
買収先のニッコウホテルの会長から「ホテルは生き物だ。主人に似てくる」との苦言とも言える言葉(そもそもヒョンソはホテルマンとしての気質に欠けている)。その後、会長は自殺してしまう。
会長の死を知り、命について考え始めるヒョンソ。車をUターンして弟の結婚式の式場に駆けつけるが既に終了。会えずじまいで落胆。
それを機に自分の思い(生命と愛への憧れ)が変わりはじめ、韓国の「エンパイアホテル」行きを引き受ける(ヒョンソの韓国での使命は、米国本社とは合わない体制の再構築〜リストラ。社長以下の専務と総支配人は敵対する関係となり、互いに探りを入れるピリピリとした環境)
仁川行きの飛行機。ヨンインとヒョンソは偶然隣の席になる。
乱気流で揺れる機内。ヒョンソは激しい胸の痛みを訴える。思わず「死にたくない」と口から出る。
ヨンインが大慌てし、乗務員を呼んだことで飛行機はUターンしヒョンソは無事を取り戻したが(心臓が悪い〜ロス手術済み)、恩人のヨンインには冷たくお金で解決しようとする。
養子に行ってから一度も訪れていない韓国。帰国後ヒョンソは、エンパイアホテル(舞台はインペリアルパレスホテル Imperial Palace)の常務となり、ラスベガスで一緒だったカイルもコンシェルジュチーフとして着任する。
ヨンインは同じ職場の彼氏の浮気相手の親友とバツが悪くなり退職。ホテルのエステサロンの面接を受ける帰り道ヒョンソとカチ会う。
ヒョンソはヨンインが謝礼をタカっていると思い、幾らほしいのか?と訊くがヨンインは値踏みしているような態度に立腹。
夕食を6000₩をおごってもらった後に2軒目の屋台へ。酔っ払いながら謝礼として「夕食を1万回(30年分)毎日おごって」と言う。ヒョンソが離席中に代金6000₩をテーブルに置いて帰る。(貸し借りを作らないタイプ)そんなヨンインに好感を抱くヒョンソ。
カイルのお客様に寄り添う仕事ぶり、命を救ってくれた飛行機会社が自分が提示した保証金6000万₩を(乗客の命を救うのは当たり前と)辞退したというニュース、ヨンインのお金で気持ちが揺るがない強さに触れ、ヒョンソの命や愛に対する価値観が更に変わっていく。
ヨンインをコンシェルジュ見習いとして採用したヒョンソ。周りからは落下傘(コネ入社)と陰口を叩かれても動じずに頑張る。上司のカイルもその姿にますます好感を寄せる。
ヨンインはコンシェルジュとして才能を発揮していくとともに、ヒョンソはヨンインが更に気になりはじめる。
ひとりでご飯を食べるのが嫌い!と言っていた彼女がコンビニでぽつんとカップ麺をすすのを目撃。偶然雨が降りそのコンビニで傘を買い帰ろうとしたが、彼女がいるカウンターの隣に座り話しかけるという今までの自分にありえない行動を取る。
彼女との子供みたいな楽しいやり取り。テレビでは「尋ね人番組」が。息子と母親が抱き合って泣いている姿を見つめるヒョンソ。
ヒョンソは心臓が針で刺されているような心地よさを感じ、胸がドキドキ。誰かを信じたり好きになることをしたいと思うようになり、いつの間にか生意気なヨンインのペースに巻き込まれてしまう。
ある日、ホテルに食事に来た元カレと元親友の前でヨンインは、物分りよく身を引いたやせ我慢な気持ちの本音をぶつけ「とことんやろう三角関係を!しようじゃないの!」と叫ぶ。横にいたヒョソンが「俺は?」とつぶやく。「じゃあ参加して!人の気持ちは変わるものであなたを少し好きになってきたからあなたも参加して!」「空港では恋人のフリだったけど今は違うわ。あなたも好きよ。気軽に付き合えるし放っておけないから」とヒョンソへの恋の思いの本音が出てしまう。
「とことんやる」「参加する」というヨンインの潔い言葉が心地よく胸に響いたヒョンソは意を決し、素直な気持ちをヨンインにぶつけるようになる。
スジンはヨンインへの愛情を持つヒョンソに嫉妬気味。息子のユンは6年前に精子バンクでヒョンソの精子ドネーションしてもらった実の息子であると告げる。
ヨンインを愛しているのでスジンとは一緒になれないが、同じ父親がいない境遇のユンに父としての役目を果たしたいので米国に連れて行くという。
ラスベガス行きの予定。ヨンインを誘うが、自分が一家の生計を支えてるので行きたくても行けないと優柔不断で断られ喧嘩になる。
ヒョンソの心臓は今にでも再手術が必要なくらい深刻で、飛行機にも乗るのが危険な状態。医師の説得も聞かず「死んでも行く」と出張に旅立つが、歩き途中でどうしても「生きたい」という思いがつのりUターンする。
・・・1週間の予定が1ヶ月経っても返ってこず。時は経過。
その期間、ヒョンソは国内で密かに手術。家で孤独と痛みに絶えながらひとり療養。
カチカチと針を刻む時限爆弾のような心臓。ドナーが現れるのを待つが、それまで命が持つかもわからない。
自分の命が長くないと思い「ソウルも君もつまらない」一方的に別れを告げる。
ある日ヨンインは、ヒョンソの会社のデスクにあった書類から心臓病のことを知り、一緒に暮らせる時間が短いと悟り、追い出された同棲先のマンションへまた押しかける。
なにもかも好みが違う正反対の2人の生活が再開。
カチカチと時を刻むピンクの掛け時計を外したがるヒョンソ。彼の気持ちを推し量るなんてことはせず、私は時間が知りたいから駄目!というヨンイン。
息子のユンを家に連れてきてヨンインと3人で川の字になって寝転ぶ。
朝、ヨンインは普通に起きて2人のために料理をするが、壁の時計が止まっている。
ヒョンソが電池を抜いたのであろうといぶかしげに裏を見るが電池は入っている。
けげんな顔で時計を見つめるヨンイン。
心臓の時計が止まって寝ているヒョンソ。

【感想】
韓国ドラマあるあるの差別を受けるが成功した米国養子、心臓病(儒教思想の強い韓国で臓器移植が合法になったのは2000年にと歴史が浅い)、必要性が感じられないゲイカップル、儒教思想ではご法度の未婚女性が海外で精子提供を受け妊娠出産、などなど話題性のある設定を盛り込まれています。
実際2004年に日航ホテルは民事再生し買収されてますし(オークラ ニッコー ホテルマネジメント - Wikipedia)世界最貧国であった韓国にとってカジノ含む観光業は外貨稼ぎの成長産業。このラスベガス設定、2000年初期のドラマによく見られます。華やかなところでは、ホテリアー、オールイン。炭鉱だった漢南にカジノができる様子を描いた人生は美しいetc…。
ソ・スクヒャン作品の特徴なのでしょうか?他国サゲして自国のパワーを見せる感じがこれにも見受けられました。
1話早々から土下座はさすがに気分悪かったです(笑)
加えて毒味、自殺(ハラキリ的)、バンザイ、コールガール、日本人は裏表があり信用できない、日本人男性と韓国人女性の妾の子(カイル)等々。
日本が大嫌いだけど気になる韓国の心情がそのまま作品に盛られてる感じです。
さて本題。
この作品、アン・ジェウクのドラマ復帰作で台本を読んで出演を決めたというだけあり、今まで愛を知らなかった死にゆく男の本気の生涯最後の恋愛模様と、家族愛(養子縁組、血の繋がらない兄弟、離婚した家族、精子提供で誕生した子供など形態はバラバラ)が表現、、、
表現されるべきなのであろうが全然伝わらなかった(笑)
1回目視聴の際、主旨的にはそんな感じなのは理解できたのだが、あまりにも伝わってこないので2度見してこれを書いています。
結構面白い描きもあって、数字へのこだわり(エレベーターや部屋の階数とか九九算、賠償金の6000万とチゲ代の6000₩とか。最後のカチカチ秒針を刻むカウントダウン的ものに繋がる)。度々出るUターンシーン(ヒョンソが今まで避けてきた愛への気持ちへ戻る)など色々あるのですが、花の葉っぱの形がなんちゃら〜サウナで雪が云々その他盛りすぎで霞んでしまってる感じ。
加えて、ヨンインの家族間の感情が薄い。スポンサーがマンション会社なので無駄な部屋シーンが多い。携帯電話で仕事中もピッピコ私用に使用。おまけに息子にもプレゼントしてピッピコ。一番笑ったのがカイルがいきなり新車買ってヨンインに運転させるなど間接広告の嵐で本当にうんざりしました。
そして、イ・ボヨンの演技。
個人的にイ・ボヨンのすっとぼけた役の時の演技が好きでないのもあり、このヒロインの跳ねっ返り娘が主役のヒョンソにもたらす効果が全く伝わってこない。違い過ぎてすれ違い、結果死んだのにも気づかずのような感じで本当に微妙。ヒョンソがこの女性に惹かれた意味が理解し難い。
また、ヒョンソと実母の繋がり。
母の経営するトッポギ屋台に数回通う(息子のユンも連れて行く)のだけど、養子にやった不自然に店に通う息子に気づかない母(養子にやった年齢は恐らくユンと同じくらいの歳)。軍隊の休暇で店にやってきて抱きしめ合う母と息子(自分の弟。二等兵)。病床で母の夢を見たり。極めつけは母に手紙を出すのだが差出人は「二等兵ナム・ヒョンソ」。お母さんとのオチは面白いのですが描写が薄い。
一番気になったのが、冒頭の「ホテルは生き物だ。主人に似てくる」のワード。
これ結構キモだと思うのですが、どこが主人(ヒョンソの思い)に似ているのか不明。ホテルシーンはピッピコ私用携帯とイ・ボヨンのひょっとこ顔といった感じでホテル舞台の必要性が全くないと思いました。

かなり辛口な感想を書きましたが、ソ・スクヒャンの作品ってこういう感じのもの(スポンサーの意向。母国アゲ)が多いので仕方ないかなと思いました。ホテルやレストラン舞台好きな割にしっかり描かれてないものが多く逆に気になります(笑)
パスタではイタリア料理に朝鮮人参で挑戦。油っこいロマンスでは本格中華料理に韓国庶民の味ジャージャー麺をぶっ込む。お国自慢のミス・コリアのBBクリーム等々。。。
個人的には「パスタ〜恋ができるまで」以外は全然響かないのですが、設定が面白いので努めて観るようにしています。

以上です。