ぷんおの重箱隅つつき

映画やドラマから垣間見る生活文化の考察。韓国ネタ多め。

京城スキャンダル|あらすじ・感想【韓国ドラマ】

f:id:punwo:20210607215243p:plain

【放送】
2007年6月6日〜8月1日  16話(KBS)
原題は「경성스캔들」
原作小説はイ・ソンミの「경성애사」(京城愛社)
(イ・ソンミは「コーヒープリンス1号店」の脚本作業にイ・ジョンアというペンネームで参加しドラマ作家デビュー)
裏番組「銭の戦争」の大ヒットで視聴率は振るわず。

【あらすじ】
韓国併合時代、朝鮮は日本の統治下にあり、1930年代の京城(現在のソウル)には、西洋文化謳歌する者たちと、祖国朝鮮の独立を切望する者たちがいた。
流行のスーツを着こなすワンは、京城一のプレイボーイを自負していた。どんな女でも10分で口説き落とすと豪語し、ヨギョンを口説き落とせなければ独立闘士になると宣言する。賭け馬にされたヨギョンは、頑固すぎる程に保守的な女性だった。ワンはヨギョンの扱いに手を焼くが、喧嘩を繰り返しながらも、互いに好意を持つようになる。しかし、ヨギョンが独立運動家として警察に目を付けられていたため、2人が親密になるにつれ、ワンも独立運動に関わらざるをえなくなる。ワンは、独立闘士だった兄を亡くしていたため、かたくなに運動家への道を拒む。同じ道を歩むことの出来ないヨギョンを、何度も忘れようとするが、その度にヨギョンへの思いが深まる。そんなある日、ワンはヨギョンが独立闘士になったと知り、ヨギョンを心配するあまり、その活動に加わる。そして、任務を遂行するなかで反日感情を強めていく。ワンは少年時代の友人スヒョンが朝鮮総督府の役人になり、親日家になりすまして独立闘士を続けていることを知る。ワンの兄の任務を引き継いだ重責に苦しむスヒョンを支えると決意する。そして、ヨギョンと結婚の約束をする。総督府首脳部が集まるパーティー会場で、ワンとスヒョンはテロを決行し、銃を乱射する。戦争義援金満州に運ぶという任務を託されたヨギョンの前にワンが現れる。
[引用元]京城スキャンダル - Wikipedia

【キャスト】
●ソヌ・ワン(カン・ジファン)
イケメン+スタイル抜群+オシャレ+金持ち。絵に描いたようなモダンボーイ。スマートでジェントルな立ち振舞いとトークでどんな女でも10分で落とせると自負。言い換えるとチャラくていい加減で口が上手い男。
実家は親日の超資産家。父と継母、兄のミンは東京留学中に死亡(独立運動を行っていたので銃殺)と複雑な家庭環境。東京留学経験あり(途中帰国)。
スキャンダル&ゴシップ雑誌「月刊ちらし」の“客員”記者。客員なのでまともに働かず気ままに生活。
ソウルメイトというくらい心が通じ合っている女友達のソンジュが居る料亭に居候中。

●ナ・ヨギョン(ハン・ジミン
本作のヒロイン。実家は書店で母と二人暮らし。夜は書店で勉強を教えている。祖国開放の独立運動で亡くなった父の意志を継いで運動に邁進。西洋かぶれのモダンスタイルを好む人々を蔑視している。
陰で“朝鮮最後の女”「チョマジャ」と呼ばれている(朝鮮時代[チョソンシデ]最後の[マジマッカン]女[ヨジャ]の略。前時代の価値観を堅く守り抜く決意の意味)。白いチョゴリに黒のチマという伝統スタイルでどんな人にも食って掛かって正論をぶつけるので男性たちも恐れている。

●イ・スヒョン(リュ・ジン)
総督府保安課のエリートイケメン役人。頭脳明晰冷静沈着で感情を表に出さないクールぶり。
ワンの兄ミンと共に朝鮮独立を目指し独立運動に献身していたが、東京留学中にミンが銃弾に倒れる。自責の念を背負い誰にもいうことなく親日家の振りをして役人に。
ワン達からは裏切りものと思われても素振りを見せず何を語ることもない。
実は暗殺集団「愛論団」のボスだが、愛論団を捜査。

●チャ・ソンジュ(ハン・ゴウン)
高級料亭ミョンビン館のオーナーかつ京城イチのキーセンで京城の憧れのスター。
少女時代に料亭に沈められ、死を考えていたところでスヒョンと出会い、店で政府の高官や要人と接しながらも陰で独立運動家として活動。

【感想】
この時代を背景にした作品の共通点は、政治無関心➡覚醒➡反逆➡日本ザマァ!の構図でしかないと思うのですが、この作品は(やはりザマァ!ではあるのですが)当時の粋なモダンスタイル(大正レトロ)への憧憬視点が強いので非常にファッショナブルな仕上がりとなっています。
そしてカン・ジファン、リュ・ジン、ハン・ゴウンのキャスティング!まるで2次元キャラのような華やかさで、イデオロギー云々色よりもスパイ大作戦とかルパン三世を見ているような痛快さでいっぱいでした。
作品全体からあふれる「大正ロマン」感は日帝時代の悪しきものと否定しなければならないので、おきまりのテロというのは致し方ないのですが、な、なんか勿体ないなと感じました。

〜オチとしては、ハン・ゴウンが暗殺集団愛論団の一員。ヨギョンをメンバーに加え、それが心配でカン・ジファンもついていく。
カン・ジファンはリュ・ジンが兄の想いを背負って敵の懐に入り独立運動を続けていたことに刺激され愛国心が芽生える。
謎であった愛論団のボスがリュ・ジン。ハン・ゴウンの少女の頃からの思いは叶うが、警察に追われ2人はと敵味方の構図で銃を向け合い、組織を守るためハン・ゴウンを泣く泣く撃つリュ・ジン。
ハン・ゴウンの死を背負い任務を実行するために、カン・ジファンとリュ・ジンはダンスホールで開催された日本人パーティーで乱射のテロ。逃げ切りカン・ジファンは京城の駅で待っていたヨギョンと落ち合うといった感じ。

全然知らなかったのですが、カン・ジファン、性的暴行犯罪で執行猶予食らってたんですね。有罪になってるのでなんとも言えませんが、自宅に女の子呼ぶってことはソレしかないと思うんですよね。逆にソレ以外なにがあるっていうんでしょうか?ホイホイついていく女(被害者は制作会社の下請けとのこと)って何を考えてるのでしょうか?