ぷんおの重箱隅つつき

映画やドラマから垣間見る生活文化の考察

恋愛世代1.5(1996年)|個人的まとめ【韓国ドラマ】あらすじ感想

f:id:punwo:20210326163759p:plain
【放送】
1996年4月29日〜1996年6月18日(MBC)16話 月火ドラマ

【概要】
原題の「1.5」は1.5世代移民の意味。(親が移民1世。その子どもなので1.5世代)作品の1.5は、70年代の初めに韓国で生まれて6〜7歳の時に米国移住した子どもの設定。

【人物関係】
家族で米国に移住した韓国人の子ども(①チャンウク②ユジン③ジャニ)。米国人として育った韓国系養子(④ジノ)。兄の顔を知らない弟(⑤ジンボク)。韓国人として育った黒人系孤児(⑥ギルス)。育ての親が実の親ではない韓国人(⑦ヘギョン)と異なる環境下で育った若者たちとその家族が登場。
ーーーーーーーーーー
①②③は米国からの友人。②は③は家族ぐるみの仲良し。②と①は恋人関係。米国で破局。渡韓後も②は①思い続ける。①⑦は具現化できない激しい思いで惹かれ合うが⑦の実父の死の一因は自分にあると結果①は身を引く。④は⑦に強い愛情を抱くが⑦は④を愛せない。自分を必要としてくれるまで④は⑦を待つ。⑤は養子先で不自由なく裕福に暮らしていた④に卑屈になっていたが、慢性肝不全で④から肝臓提供を受けたことで④が自分を真剣に思う気持ちに気づき打ち解ける。⑥は④とは外見差別を受けることでのシンパシー。⑥は④から親を探してもらい米国に渡るが不適応で即帰国。

【登場人物覚書き】
①イ・チャンウク(チョン・ウソン
在米韓国人(小5の時に渡米)。クールだが衝動的な性格。大学アメフトの有望選手。試合中に白人選手からのラフプレーで大負傷。プロ選手の夢が絶たれる。
ロス暴動により両親経営のスーパーが焼失し、順調だった生活が崩壊。弟は精神的ダメージで麻薬を使用し売買に関わってしまい、そのことからチャンウクは組織に恨みを買う。暴動を期に家族の大切さを感じ、韓国に渡り両親を迎え入れることを思い立つ。
韓国での生活は事故や怪我など不運の連続。米国で追われていた麻薬組織に見つかったことで犯罪組織に巻き込まれてしまうが、組織の行動を警察に密告することで仕返し。不運なことに、銃殺された組織のトップは愛するヘギョンの叔父(実父)であった。
色々なことがあったが後悔の念はなく場所より生き方が大切。米国に戻りそこで両親が懸命に育ててきたものを受け継ぎ守る。とヘギョンへの熱い思いを封印し、彼女の今後の幸せを願いながら米国へ帰国。

②ホン・ユジン(キム・ソヨン
在米韓国人。母親と2人で移住。歌手になることと実の父に会うことを夢見ている。母親に内緒でライブで貰った韓国人プロモーターの名刺を頼りに韓国へ旅立つ。
数々のアクシデントやスランプを跳ね返し、努力と実力を認められオリジナル曲「違う世界」でデビュー(男性1名とデュオ)。大規模コンサートを開催し成功をおさめる。チャンウクが帰国の際、今度会ったときにお互い独身だったら結婚しようね!と実現可能な希望を込め見送る。
母親は美容室経営。男運が悪く、ドンス(ヘギョンの実父)と結婚するが入籍後新婚旅行を最後に音信不通に。結婚詐欺に遭った模様。

③イム・ジャニ(ソン・ジチャン)
在米韓国人(裕福な医師家庭)。母親に甘やかされ我がまま放題に育つ。散財の挙げ句、カードが利用停止。父親の逆鱗に触れる前に、母親が理由をこじつけ韓国の語学学校へ留学させる。借金の総額を知った父親は激怒し、軍隊に入隊させる。(永住権者も一定期間過ごすと入隊義務が生じるらしい)
軍隊生活(3ヶ月間)で親の有り難みに気づき、韓国人としてのアイデンティティーに目覚める。モーレツアタックされていた韓国人のソラと結婚。

④チャ・ヘギョン(シム・ウナ
27歳。リハビリ医を目指す韓国人留学生。困っている人を放っておけない性格。どことなくがある。米国の病院でチャンウクのリハビリを通じ知り合い熱い仲へと進展していく。並行してジノから愛を告白されるが、愛を感じられずにいる。
家族構成は両親(養父母)と叔父ドンス(実父。母は幼少の頃事故死)。実の親でないことをなんとなく感じ親に強く言えずに成長してきた。
母親は宝石店経営(ドンスが密輸してきた石も利用)。帰国後母親から見合いの理強いが始まり、堅苦しさから愛がないジノとの交際結婚を急ぐか、母親は家に釣り合わない海外養子のジノを全否定する。
いつも親身になってくれる叔父ドンス(実父)から、家族に縛られずに自由に恋愛をしろとの励ましを受け、愛を深めた相手が叔父と因果関係にあるチャンウク。
ドンスの裏の仕事が発覚したことで家庭は崩壊。今まで裕福に生活できたのは、犯罪で得た罪深い金のおかげであったことのショックと罪悪に苛まれ姿を消す。人知れず児童障害者施設で働いていたところにジノが登場。ジノの大切さと愛を確認。

⑤ソン・ジノ(シン・ヒョンジュン
6歳で米国に里子に出された養子。ヘギョンに一目惚れし交流を深める中で、母国の思いを強く感じるようになり、大学卒業後ヘギョンを追って渡韓し、現代自動車に入社する。慣れない母国語使いと米国との文化の差に落ち込む日々の中、TVの『人探し番組』に出演し、弟のジンボクを見つける。
弟は中華料理屋の配達員。ジノの祖母と黒人系のギルスの3人住まい。父親は早くに亡くなり母親も8年前に病気で死去。ジノは母親に駅に置き捨てされた後、養護施設へ。そこから米国に養子縁組。悔やんだ母は贖罪のためか黒人系混血孤児のギルスを家に迎え入れたとのこと。
家庭崩壊後、罪悪感で一杯のヘギョンに、それを軽減する手伝いになればと自分の書いた日記を渡し(彼女が自分にもたらした数々の出来が事が記載)チャンウクを愛したまま戻ってこないかもしれないけど待っていると告げ、消息不明後のヘギョンを探しあてる。

【感想】
当時の韓国人の米国への憧れと理想のライフスタイルが非常によくわかる作品だと思います。
移住後アメリカンドリームを叶え、白人よりも優位で羨ましげな環境での暮らしぶりは、当時の世界的流行からはズレたコテコテのヨーロピアンスタイルの(この頃のドラマに共通)インテリアや小物づかい、登場人物のカタカナ職業の設定等で更にこれでもか!というくらい盛られ、アメリカへの思いが表現されています。
こうしてみると超豪華キャストなのですが、シン・ヒョンジュン(ジノ)以外の演技が控えめなので恋愛の熱量がわかりづらいのが残念。
加えて準主役扱いのユジン役のキム・ソヨンの歌が絶望的すぎてビックリ!キャスティングの理由が気になるところです(笑)
▼彼女が歌う「知らない私」とともにドラマの雰囲気をお楽しみ下さい。


また、韓国移民者の生活やアイデンティーを1992年に起こったロサンゼルス暴動を絡め描いてるのは非常に面白い切り口だと感じるとともに、25年経過した現在のアジア系米国移住者の米国での位置(差別も含む)や1.5の子どもに該当する移民3世の考え方等と照らし合わすことができるので非常に関心深い作品となりました。(現在コロナによるアジア人へのヘイトクライム急増中)

=移民についての個人的まとめ=
<①ハワイへの出稼ぎ移民>
1882年の米朝修好通商条約締結後、1903年〜1905年までの間に7000人以上がサトウキビ農場に移住労働。単身未婚男性労働者たちは仲介を通じ、韓国の花嫁を迎える(互いに写真だけで結婚を決める。1924年までに1000人の「写真新婦」が嫁入り)
労働契約終了後、多くが本国に戻らずハワイから本土へそのまま移住。第2次世界大戦終戦の1945年までの韓国系米国人の人数は約1万人とそう多くない。
<②米国軍人と配偶者>
1952年の米国の移民国籍法では韓国に対して年間100人の移民枠が割り当てられた。
1953年〜1963年の間に、米国軍人の配偶者の韓国人女性(約6000人)海外養子(戦争孤児約5000人)とされているが正確な数字ではなくこれより大多数が移り住んだと推測されている。
<③定住前提のファミリー移民>
1965年に米国移民法が改正され、米国での成功を夢見る家族単位の移住者が増加。クリーニング店などの個人商店を開業し(英語が話せないため主地区での商売が芳しくなく競争相手の少ない黒人等の低所得者層が住む地区で商売を開始)地盤を築き、次から次へと家族や親戚、同胞を招き入れた(コリアンタウン化)。

=移民者人口推移=(約人数)
1965年 2.5万人
1970年  5万人
1980年 35.7万人
1990年 70万人
2010年 170万人

=気になった場面ピックアップ=
●ロス暴動後大学で韓国人による韓国人救済の募金活動の是非
<黒人の言い分>
〜黒人街に住みもしない雇もしないのにどんどん商売を広げる韓国人は、自分たちから金を盗んでいると主張。
<韓国人の言い分>
〜自分たちの正当な苦労と努力の成果を認めない黒人が悪い。暴動で盗みを働いているのは黒人だと主張。
<ジノの主張>
〜黒人が少数ならば韓国人は極少数。少ない(弱い)韓国人に怒りを向けるのは理解できない。暴動は韓国と黒人の問題ではなく全体の問題性を主張。
●ヘギョンとジノが訪れたスーパーでのワンシーン
〜韓国系の子ども連れた白人の夫婦に遭遇。「韓国の食べ物を買いたいのだが何を買っていいか分からない」と2人に嘆く。子どもに韓国語で訊ねると「ラミョン(インスタントラーメン)」「チョコパイ」との返答。
・・・戦後の貧困時に普及した米国と日本からの食品が『故郷の味』とは皮肉。書くまでもなくインスタントラーメンは、日清食品の創業者である安藤百福が食料事情で困っている韓国の三養食品に技術を無償提供し1963年に製品化発売。

その他、韓国が「養子輸出大国」と言われていた背景や孤児問題に触れることができたのですが、長くなるので別な機会にまとめたいと思います。
〜調べてみると、国を通さないで養子縁組されるケース(教会を通じたり)もあり実の親が探す際に手がかりがないという事例もザラだったようで驚きました。韓国ドラマあるあるの養子登場や、たまに出てくる尋ね人番組も捏造ではなく事実を盛ったものであると理解(汗)

【鑑賞まとめ】
U-NEXTにて鑑賞です。タイトルとサムネのチョン・ウソンの顔からは想像できない内容でしたが面白かったです。
〜様々な韓国の作品に触れるたびに「近くて遠い国」という言葉を思い出します。この作品もそれを痛感させる作品でした。

[参考記事]